オリジナルTシャツ制作を個人でする場合

ごく普通のユーザーでもオリジナルTシャツ制作は依頼OKです。ただ、初めて専門業者に相談する際は不安な気持ちで一杯になるかもしれません。こちらでは様々なアドバイスやヒントを掲載しているので是非、制作前の参考材料にしてみてください。

オリジナルTシャツは小ロットでも依頼OK?

イベントの規模や、配布したいターゲットによっては、販促品はそれほど多くの数を必要としないケースもあります。また、作成したオリジナルTシャツを自分たちしか着ない場合も、大ロットより小ロットでの依頼の…

オリジナルTシャツ制作に必要なパソコンソフト

オリジナルTシャツのデザインを一からすべて作りたいのであれば、画像編集やデザインが作れるパソコンソフトがあると便利です。画像編集ソフトは写真などの既存の画像データを自分の好きなように加工することが…

個人でオリジナルTシャツ制作をする際の注意点

プリントしたい大きさでデザインをする

個人でオリジナルTシャツを作成する際には、そのデザインも自分で描く必要があります。デザインを行う際の注意点のひとつが、原寸サイズで描くということです。小さく描いたほうが描きやすいと考える人もいますが、できるだけプリントするサイズそのものの大きさで描くと失敗しません。小さく描くと、プリントした際に余白が目立って味気ないデザインになる可能性があります。反対に、大きく描きすぎると、縮小プリントしたことによってデザインがつぶれる可能性もあるでしょう。これらを避けるために、できるだけプリントするサイズでデザインするとよいです。 また、Tシャツは平面ではありません。着用した際にしわや凹凸ができるものです。これらも計算してデザインすると既製品と比べて見劣りしないでしょう。

著作権を侵さないように確認

個人でオリジナルTシャツを作成するだけならば、著作権は関係ないと思う人も多いですが、そのようなことはありません。個人利用であっても著作権は働きます。公共性の高い場所に著作権のあるデザインのプリントされたオリジナルTシャツを着用していけば、違法になる可能性が高いでしょう。また、個人で依頼したとしても、業者に依頼してプリントしてもらうならば違法になる可能性が高いほか、制作したTシャツをSNSなどにのせても違法になるかもしれません。また、他人が撮影した写真を利用する場合にも注意が必要となります。これら著作権にかかわる問題に悩まされないように、あらかじめ許可をとるほか、業者に著作権に違法していないかを確認することが重要です。

ノベルティグッズとしてオリジナルTシャツを制作する場合

ノベルティグッズとしてオリジナルTシャツを制作したいが、自社において前例がない事なので疑問点が多い、こういったお困りごとをお持ちではないでしょうか。こちらでは企業の担当者がオリジナルTシャツを作る際、事前に知っていたい情報を色々と掲載しているので是非お役立てください。

大量生産すればオリジナルTシャツは安くなる?

ノベルティグッズとしてオリジナルTシャツをなるべく安く制作したい時には、まとめ買いを希望する法人顧客への割引サービスがある業者を探すことがおすすめです。特に、大ロットのオリジナルTシャツの制作を得…

トップに戻る